国立大学法人 旭川医科大学

旭川医科大学ホームページ
| 交通アクセス | サイトマップ | お問い合わせ | ENGLISH |
     
大学案内
学部・大学院・施設案内
教育・学術
入試案内
キャンパスライフ
社会連携・地域貢献
広報・情報公開
採用・募集・入札
大学からのお知らせ
トップページ学部・学内共同利用施設 ≫ 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野
 旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野(第三内科)は,消化器内科学(消化管、胆膵、肝臓)と血液・腫瘍内科学を2本柱として診療および研究を行っています。附属病院では、消化器内科と血液・腫瘍内科を担当しています。同時に、光学医療診療部の運営と外来点滴センター(外来化学療法)のサポートを行っています。
 診療内容は、消化器癌(消化管、胆膵)に対する各種画像診断と内視鏡を用いた早期診断と集学的治療、炎症性腸疾患の診断と先端的治療、慢性肝疾患や肝癌に対する診断と集学的治療、造血器腫瘍に対する化学療法や造血幹細胞移植、分子標的治療など多方面にわたり精力的な診療と研究を進めています。 地域的特性として多くの未治療および更なる治療を求める患者さんが遠方から紹介、受診されるのが特徴です。当科の診療目標は、(1)高度先端医療の遂行による患者さんへの貢献と(2)地域基幹病院における全人的医療の実践に集約され、とくに、一般的な内科学の知識を基盤とした消化器および血液悪性腫瘍の診断から治療までトータルな技量を持った腫瘍内科医の養成に力を入れています。
 
教授挨拶
教育
研究
独自ページリンク
 
トピックス
 
トピックスはありません
教授挨拶
 

教 授 : 奥村 利勝(おくむら としかつ)

  旭川医科大学内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野(第三内科)の奥村利勝です。

 内科系への進路を考えている学生さん、初期研修医の先生へ
 当科は消化器内科 血液腫瘍内科を担当しております。この分野に興味がある学生さん・初期研修医の皆さん、そして専門領域を限定せず広い範囲の内科領域を守備範囲にしたい学生さん・初期研修医の皆さんは是非当科での研修を考えて下さい。内科全般に強くなるためには、頻度の高い消化器疾患の診療に精通する必要があります。そのためには、内視鏡研修などが必須です。第三内科は同門300名の大所帯ですが、それゆえ多様性に富んでいます。専門臨床領域を突き詰める人、内科全般に強い人、研究を突き詰める人、地域医療を支え続ける人、趣味に生きる人など、この多様性がその時々で皆さんの支えになります。今の興味が永遠に続くことは稀です、その時々で医師の興味は変わります。興味が変わった時に必要なのは、個人の多様性を許容する母体教室だと思います。第三内科にはそれがあります。是非、旭川医科大学第三内科の輪に加わって下さい。
 何れにしても、内科医のキャリア形成は今後、初期研修(2年)終了後3年間の専門医研修を経て、その後のサブスペシャリティー(消化器 循環器 血液など)取得へとなります。内科系の場合、この専門医研修は内科専門医や総合診療専門医取得を目指すことになります。
 1 将来的にサブスペシャリティーを極めたいと希望する場合は、内科専門医取得後に、これまで同様に教室および市内外の多くの関連医療機関と連携して、その目的を達成できます。
 2 内科系をオールマイティーにやる総合診療専門医を目指す場合にも、当科は柔軟的に対応可能です。これは、私がこれまで13年間旭川医大総合診療部を担当してきた経験をもとに、本学の総合診療専門医プログラム作成に関与しているからです。現在初期研修医1年目の先生からの適応になります(平成28年2月現在)。
 1にしろ2にしろ初期研修は必修ですが、内科専門医を取得するにあたっては、初期研修の段階(卒後1−2年)での経験なども組み込める可能性があるのと、内科専門医取得過程(卒後3−5年)でサブスペシャリティー研修の一部を前倒しできる可能性があるので、卒後一貫して旭川医科大学の初期研修−後期研修を行うことを強く勧めます。
 また当初希望とは変更して、内科専門医ではなく総合診療専門医を取得したいという場合にも、教室同門の輪の中で、進路変更は容易です。

 第三内科は内科全般に強く、更に秀でた専門領域をもつ真の専門医育成を目指します。学生・研修医・大学院生教育を重視しています。勿論、大学として基礎および臨床研究にも力を入れています。是非、一緒にやりましょう。

 
 このページのトップへ
教育(卒前・卒後)
 

 学部教育では、消化器病学、血液病学を担当しているほか、臨床腫瘍学の講義を開講しています。当科の臨床医学教育では、診療グループ毎に学部学生(5、6年生)、初期研修医、後期研修医、臨床系大学院生、医員、教員が診療グループを作り、屋根瓦方式を導入し、学生時代から実地に即した修練を取り入れています。卒後に当科とその関連病院ネットワークの研修システムに参加されると、認定内科医、総合内科専門医、総合診療専門医、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、血液専門医、がん薬物療法専門医などのボードを5〜8年で取得することが可能です。
 また、大学院博士課程での研究従事(後期研修時から入学可能、医員として処遇、関連病院での臨床研修と同時履修可能)も可能です。個々人の希望や相談に応じて最適な研修環境を用意するように努力します。
 以下に当科の研修システムを示します。
 卒後2年間(初期研修 旭川医科大学病院プログラム・他病院プログラム)
 卒後3〜5年(専門医研修 旭川医科大学病院プログラム:内科専門医or総合診療専門医)
 その後、サブスペシャリティー専門医(消化器病、血液専門医など)、学位(大学院)、留学(国内外)など多様な進路希望に柔軟に対応します。

研究
 

 基礎的研究に関しては、教室内研究室に多くの分子生物学、免疫学的手技に対応する設備が整備され、先端的研究が可能な環境が整っています。研究目標には、(1)臨床に根ざしたOriginalityの高い科学的研究と (2)病因・病態の解明や新規治療の開発など臨床に役立つ研究の実践を目指しています。免疫や腫瘍制御などについて、精力的な研究を行い、ハーバード大学やシカゴ大学などとの国際交流や、国内外の学会や英文雑誌などへの活発な研究発表をしています。

消化管グループ

  潰瘍性大腸炎、クローン病を中心とする炎症性腸疾患(IBD)の病態の解明や診断・治療の開発を精力的に行っています。特に自然免疫機構の関与や、腸管上皮におけるcytokine receptor発現とsignal解析を中心に病態の解明をすすめています。また,腸内細菌と腸疾患に関する研究から,乳酸菌や納豆菌の一種が産生する新規活性物質の同定に成功し,この成果に基づいて新しい腸管保護剤や抗腫瘍薬の開発・臨床応用を進めています.遺伝子学的な側面からも腸疾患の解析を行っており,炎症性腸疾患に特異的なmicroRNA異常を見出し,標的治療としての臨床応用を目指しています.さらに,拡大内視鏡観察を用いた疾患の再燃予測や、IBD合併dysplasia・癌の診断の開発、ステロド抵抗性の分子学的診断について研究をすすめ、免疫抑制剤治療・抗TNFα抗体療法・白血球除去療法といった新しい治療法を積極的に実践し、その適応を検討中です。

肝臓グループ

 C型肝炎では肝臓に過剰蓄積される鉄分が酸化ストレスの原因となって肝炎を増悪させていることから、インターフェロン治療が難しい患者さんには抗酸化治療である瀉血(しゃけつ)療法と鉄制限食療法を積極的に取り入れています。我々は以前よりこの慢性肝疾患における鉄代謝調節異常の病態機序解明をメインの研究テーマとして研究および臨床にあたっています。
 また、ウイルス性肝炎治療の進歩にともない近年問題となっているのが、非アルコール性脂肪肝やアルコール性肝障害です。特に生活習慣の欧米化に伴い今後患者増加が予想される非アルコール性脂肪性肝炎は肝硬変、肝臓がんへ進展する病態です。我々は本病態の解明、治療法の開発のため臨床および基礎研究を行っております。

胆・膵グループ

 代表的な難治がんである膵がん・胆道がんの診断と治療を積極的に行っています。内視鏡を駆使した低侵襲な診断・治療体系の確立を目指すとともに、旭川市内の機関病院との連携のもと多数の症例から得られる臨床データを背景とした臨床研究を行っています。また、膵管内乳頭粘液性腫瘍や膵胆管合流異常、自己免疫性膵炎については、診断・治療方針に関する新たな知見を国内外に報告すると同時に、分子生物学手法によりこれらの発生・進展メカニズムを解析しています。
 また、膵がん・胆道がんに対する抗がん剤と放射線治療の耐性機構に関する基礎研究をすすめており、その分子機構の解明に根ざした治療抵抗性の克服を目指しています。一方で、がん進展、特に血管新生における骨髄細胞の役割に着目し、米国ハーバード大学の研究チームと共にがん微小環境の構築過程の解明を試みています。さらに血液腫瘍チームと共同で難治がんを標的とした新規細胞治療の開発研究も精力的にすすめています。
薬剤耐性・治療抵抗性の克服を目的とし、その分子機構の解明をすすめています。

血液・腫瘍グループ

細胞内鉄取り込み調節機構の解析:トランスフェリン受容体、トランスフェリン受容体2などを代表とするトランスフェリン結合鉄の細胞内取り込み機構や、非トランスフェリン結合鉄の取り込み機構の詳細な解析を行っています。
生体内鉄代謝調節に関する研究:鉄代謝調節因子hepcidin の生理的機能や、その発現調節機構について検討しています。
血清中非トランスフェリン結合鉄の測定:血清中に存在する非トランスフェリン結合鉄(NTBI)の測定系の開発に向け研究を進めています。
白血病に対する免疫療法の基礎的・臨床的検討:白血病細胞由来の分子シャペロン(熱ショック蛋白:HSP)を利用した免疫療法のより効果的な方法を開発すべく、マウスを用いた基礎的検討を行なっている。またグリベック耐性の慢性骨髄性白血病患者に対するHSPを用いた臨床試験の結果をもとにヒト白血病細胞への免疫応答の解析を行っています。さらに胆膵グループと共同で、造血器腫瘍における血管内皮抗原を標的としたHSPを用いた新規免疫療法の開発も進めています。

 
 このページのトップへ
 

| サイトポリシー |

 

国立大学法人 旭川医科大学 


 〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号 TEL:0166-65-2111(代表)
 (法人番号2450005001797)